武田家家臣末裔者の会 武田家旧温会会則  

 

(名称及び事務所)

第一条      本会は武田家旧温会と称し事務所を武田神社に置く。

 

(構 成)

第二条      本会は武田家、武田家家臣末裔者、武田家研究者、武田家崇敬者を以て組織する。

入会は会員二名の紹介があり、本会の趣旨に賛同する者と役員会又は理事会で認めたとき、

会員として会員名簿に登載し、総会に報告する。

会員種別は、正会員(末裔者)、研究会員、崇敬会員とし、正会員本人逝去に伴う子女の

会員資格継承はこれを認める。

 

  (目 的)

第三条      本会は武田家に関係ある事跡等を研究し、先祖の遺徳を偲び、会員相互の親睦を図り、

併せて地域郷土史の研究と文化発展に貢献することを目的とする。

 

(事 業)

第四条      本会は目的達成のために次の事業を行う。

  一 懇親会、研究会を開催して、会員の研究発表を行うとともに、必要に応じて講師を招き研究する。

  二 会誌「風林火山」または会報を発行し会員に配布する。

  三 武田家に関係ある史跡の踏査、見学会研修会を開催する。

  四 武田家及び家臣に関する祭典、慰霊祭等に参観、参列する。

  五 会員による研究事項及び本会に関係ある参考文献等の出版を行う。

  六 その他、本会の目的に必要となる事項。

 

  (役 員)

第五条      本会に次の役員を置く。

会長一名、副会長若干名、理事若干名、支部長若干名、運営アドバイザー、監事二名。

 

(役員の任期)

第六条      本会の任期は二ヵ年とする。

但し、再任は妨げない。補充役員の任期は前任者の残任期間とする。

 

(役員の選出、選任)

第七条      本会の役員は正会員の内から理事会で選出し、総会で承認する。

但し、補充役員の選出は理事会で行い総会に報告する。

 

 

  

 

(最高顧問、顧問、相談役、参与、名誉会員)

第八条 本会に最高顧問、顧問、相談役、参与若干名及び名誉会員を置くことができる。

  一 最高顧問、顧問、相談役、参与は理事会で協議のうえ推薦し、会長が委嘱する。

その経過は総会に報告する。

  二 名誉会員は理事会の推薦により決定し、総会に報告する。

 

(役員の任務)

第九条 本会の役員の任務は次のとおりとする。

一 会長は会を代表し、会務を統括し武田神社、恵林寺等関係神社・寺院の催事に武田家旧温会代表として参列する。

但し会長より要請があった場合副会長が会長の代理として催事等への参列ができるものとする。

二 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はこれを代理する。

    副会長の内より会計担当を一名選出。会費未納者の督促などについては、支部長と連携し回収に

    務め、会計担当以外の副会長は会の年間行事(総会、懇親会、設楽原慰霊祭研修、秋季研修他)

責任者を輪番制で行い遂行する。

三 理事は本会の事業を執行し、会の運営に当たる。

四 支部長は職責上理事となり担当支部会員への事務(各種案内の発送取りまとめ)をし

担当部署へ報告。

会計担当副会長と連携し会費未納者へ対する督促などを行い回収に務め、

支部組織増強のため武田家、武田家家臣末裔者、研究者、崇敬者の入会を促す。

尚、入会申込書の紹介者二名の内一名は担当地区支部長とする。

五 担当部署は会長の指示に従い各種書式の整備、会則等の素案等を作成し支部長から

支部状況の報告を受けたうえ取りまとめ遅滞なく会長へ報告する。

六 監事は会の会計を監査し総会に報告する。

 

(罰則規定)

第十条 役員及び会員が本会則に違反、本会の目的に反する行為、本会の品位、名誉を著しく

傷つけた場合の処置は理事会の判断事項とし以下の罰則規定を設ける。

   一 警 告

   二 役員・会員活動の一時停止

   三 退会勧告

   四 除 名

 

 (会議及び運営)

第十一条 本会の会議は定期総会、臨時総会、役員会、理事会、とする。

   一 定期総会は毎年四月(原則として)に会長が招集し、事業報告、決算報告、役員承認、会則改定

     その他必要事項を承認又は決定する

   二 役員会、理事会は必要に応じ会長が招集する。

   三 臨時総会は必要に応じ会長が招集する。

   四 会議は全て招集者が議長となり、議事は出席者の過半数で決定し可否同数のときは

議長がこれを決定する。

 

 

  (特別委員会)

第十二条 本会の事業に必要と認められるときは特別委員会を設けることができる。

   一 入会審査委員会を設置し研究者、家臣末裔者については入会審査委員会で審査を行い

理事会への審査結果の報告をする。但し崇敬者においては紹介者判断とする。

 

(支 部)

第十三条 本会の支部は各都道府県又は各地域の会員を以て組織し、支部長名及び支部規定を本会に

報告する。

   一 支部長は正会員の内より理事会において選任しその任期は二ヵ年とする。

 

(経 費)

第十四条 本会の経費は、入会金、年会費、寄付金を以て充当する。

   一 入会金は会員一名五千円、年会費は会員一名四千円とする。

   二 年会費の納入期限は五月末日とする。

     但し、一ヵ年以上未納したときは退会したものとする。

 

(会計年度)

第十五条 本会の会計年度は四月一日に始まり、翌年の三月末日までとする。

 

(慶 弔)

第十六条 会員の慶弔の扱いについては別に定める。

  

(附 則)

第十七条 施行期日

  一  本会則は昭和四十六年八月一日より施行する。

 二〜五 本会則は昭和四十七年四月九日。同四十九年四月十四日。同五十一年四月十一日。

     同五十三年四月九日。一部改訂施行する。

六〜八 本会則は平成元年四月九日。同四年四月十九日。同十年四月十一日。一部改訂施行する

九  本会則は平成十二年四月八日改訂施行する

十  平成二十五年六月二十六日改訂施行する

十一 平成二十六年七月五日。一部改訂施行する。

  十二 平成二十七年三月七日一部改訂施行する。

  十三 平成二十七年七月 四日一部改訂施行する。

  十四 平成二十八年八月二十七日一部改訂施行する。

 

 

◎会員の慶弔の扱い規定

 会員の慶弔は各支部長又は支部会員を通じて役員に申し出があったときは、会名を以て祝電、弔電を

発信し、祝意又は弔意を表する。

 

武田家旧温会会則PDF